米胚芽の驚くべき栄養価

天然の栄養カプセル

米胚芽は、お米が将来芽をだして成長していく場所です。お米にとってとても重要な部位であり、ビタミンB1やカリウム、マグネシウムなどのミネラルが凝縮されています。

発芽玄米で話題になっているギャバも、米胚芽にはたくさん含まれています。

米胚芽の驚くべき栄養価

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

米胚芽

テキストテキストテキスト
テキストテキストテキスト
オンラインショップへ

米胚芽は希少な部位です

米胚芽は、白米に精米する際に取れてしまい、ヌカと一緒になります。

米ヌカは、玄米から1割だけ取られます。さらに、米胚芽は米ヌカから0.5%抽出されます。そのため、米胚芽は玄米から0.05%しかとることができない希少な部位なのです。

しかし、米胚芽をお米に残すために分搗き米にすると、ヌカの部分が残ってしまい、ごはんとしては食べにくくなります。

炭水化物+ビタミンB1の重要性

かしこい子の朝食の秘密

ビタミンB1は、炭水化物を脳のエネルギーとして使うために必要な栄養素です。朝ごはんを食べるとき、ごはんと一緒にビタミンB1を摂ることで、脳にきちんと栄養がいきわたります。

米胚芽にはビタミンB1が豊富に含まれます

米胚芽には、白米の100倍以上のビタミンB1が含まれています。ところが普通のお米には米胚芽はほとんど残っていないため、ほかの手段でビタミンB1を摂る必要があります。

漫画「子どもに朝ごはんを食べてもらいたい理由」

1 / 4
2 / 4
3 / 4
4 / 4



1 / 4
2 / 4
3 / 4
4 / 4

BtoB原料販売